30代から脱毛スタート

必要ない毛の問題について取り上げて見ます。

振り返ってみたら10、20代の頃の最大の悩みです。

やはりにその年代ですと、真夏は海やプールへ行って賑わうという印象が強かったです。

ところでわたしは、どっちも行かないタイプだったので、突然慌てて毛の処理をするという事がなかったような気がします。

ただし半そでのような薄着になる事例にワキや腕のところに生えている毛が気に掛かる事がありました。

はじめにカミソリで剃ってみたのが腕です。

剃ったケースは毛がなくなったように考えうれしくなったのですけど、暫くしてみたら再び毛が生えていました。

更に、カミソリを使ってから元より毛の質が濃くなったような感じすらします。

毛抜きを使ってみたケースも埋没毛に悩まされましたし、除毛クリームなんて着色したケースから肌に沁みて使えなかったです。

上述のような経験をしてから心積もりたのが「エステ脱毛」になります。

ただしオールドご時世は、ニードル式という毛穴に電気針を通しながら行う手段だったので断念しました。

それからは毛を生やしっ放しにしていた事が多く、やっと30代を超えてからワキ脱毛をはじめたような感じです。

かなり毛に関して無頓着な性格という事が理解いただけますけど、年齢を有る無しに「エステサロン」で脱毛を開始してみて良かったと思っています。

脱毛に勤しむ女性

ガムテープの脱毛はよくない

デリケートな女性
昔から脱毛テクニックとして影響しているメソッド。

それはがむてーむで無理やり毛を抜く技術です。

おっしゃる通り多くの毛を抜く事はできますが、この手法なんとなく危ういですし、体にもいい手法ではないのです。

では、どのようなふうに悪いのでしょうか?1 そもそも肌に大きなダメージが残る ガムテープはもちろんに粘着質のものですから肌にそれが付いた様子で理不尽にはがすと、肌を傷つけます。

理不尽にはがした結果、肌が炎症をしたり、出血や毛が埋没したりなどたくさんな症状を引き起こすきっかけです。

他のテクニックのほうが肌を傷つける危うい性が少ないものもあるので、このメソッドよりも別の手法を選択しましょう。

2 すごく痛い 結局、この点は大きいと考えます。

すぐさま多くの毛を無理やり抜くのですからもちろん痛いです。

痛いだけならいいのですが先に書いたように諸々な面で悪くするような事例もあります。

とどのつまり理不尽にやるのは体に悪いですね。

3 充分に抜けない 言うまでもなく毛もちゃんと抜けません。

 勢いで抜くのはいいのだけど、途中で毛が残ってしまって毛の抜けがまばらになってしまいます。

充分にとしたメソッドで毛を余すところなくとってしまって可愛いにしたほうが結果的に肌にも手間的にも有用です。

ガムテープでやった方が速そうだしお金もかからないかもしれませんが、たくさんな面で体に悪いので他にのメソッドで脱毛をちゃんとと行ったほうがはるかにパフォーマンス的で痛くないでしょう。

医療脱毛の病院選定

脱毛サロンで脱毛
医療脱毛で必要ない毛処理をするケース、クリニックをピックアップする必要があります。

自身にとってベストな病院をチョイスする訳ですが、たまに迷ってしまう事もあるでしょう。

そもそも美容クリニックは、非常に数が多々あるです。

あまりにも多くの病院がありますから、たまにゴチャマゼにしてしまう事もあるのです。

どの病院も、非常に良い施術を行ってくれるように見える事もあるでしょう。

もしもクリニック選択しで迷った時には、実績などの数字に着目してみるのも一法です。

それがきっかけで、良い病院を選択できる時も案外多々あるのです。

例を挙げると病院Aのケースは、年間の脱毛の施術数が3000件前後だとします。

それにそれに対し病院Bでは、1万件前後などの具合です。

各病院により、数字も異なる訳です。

それでBのような病院は、脱毛についての知識も蓄積されている性質があります。

結局数多くの施術を手がけている病院では、そこそこに多くの経験があるでしょう。

反対に施術数が少々少ない病院では、一概に脱毛についての知識が多々あるとは断言できないのです。

ですから件数などは、クリニックを見極める規格の1つになってきます。

それだけではないのです。

病院の期間にも着目する方が良いでしょう。

設立されてから多くの年月が経過している病院も、そこそこに多くの技術が蓄積されていると見込みされるからです。

このように諸々な数字に着目をしてみると、良い医療脱毛を受けられる確率も高まるでしょう。

後輩の影響で脱毛

脱毛をした後の女性
私は普段、営業の業務をしています。
私の後輩は、女子社員からかなり大注目です。

クールさがあって、スーツが良く似合います。

眉毛もすごく綺麗な生え方で、男性の私から見てもイケメンだと考えます。

後輩の周囲は、いつも女子社員がいるので羨ましいです。

ある日、女子社員からカッコよくないんだから、最低でもクールさだけでもあった方がいいんじゃない。

と言われました。

私は大変ショックを受けました。

その一言がきっかけで、脱毛してクールさのある男になろうと決めました。

施術は、少ない回数で確実に成果を得られるようにやりたいと考えました。

その為、医療組織で脱毛する事にしました。

クリニックを選択してだ所以は、施術を受けて、肌がトラブルになっても治療代や薬代が完璧フリーだからです。

そして再診料や処置料もフリーなので心配無用して契約できました。

他にも突然業務が入る事もあるので、予約キャンセル料が掛からない点も気に入りました。

1回コースと5回コースがありました。

私は毛深いので5回のコースをチョイスしてで、確実に脱毛する事にしました。

初日は、医者が機械の解説をしてくれました。

それから施術に入ったのですが、照射パワーが強かったので弱くして頂きました。

しばらく苦痛に堪えていると慣れてきました。

看護師に頼んでパワーをちょっとずつ上げて頂きました。

3回の施術が終わると、企業の女子から髭が薄くなったと言われました。

自らでも成果を体感できていたので気力が上がりました。

5回の施術が終わりクールさをだせたので脱毛して良かったです。